banner

光雲寺の概要

光雲寺境内画像  月桂山 光雲寺は今からおよそ370年前、正保3年(西暦1646年)曹洞宗の僧 松雲宗融がその師、晧台寺重興開山 一庭融頓と共に時の長崎奉行馬場三郎佐衛門に請い、奉行の月見屋敷でありし出来大工町堂門川畔の現在地に其の許可を得て創建されました。
 江戸時代より幾度かの火災のたびに再建された伽藍でありましたが、昭和46年長崎市の文化都市整備区画事業の為にすべての建物がとりこわされ、今は境内地に鉄筋コンクリート4階建てのビルのお寺となっています。
現住職福田光昭は34代目です。

 

令和2年2月 如月の候

皆様今日は。お元気でお過ごしのことと存じます。
さて2月は如月と呼ばれますが、意味は衣更着。寒さが一層深くなる為、より着物を重ねて着ることの意から来ています。今冬は暖冬のままに立春を迎えました。
2月3日は節分でした。各地の社寺では節分会が営まれました。年の節目に当たる立春の前日に、一年の無事を祈る大切な行事です。
「節分」とは、季節を分けるという意味があります。
四季それぞれの変わり目はすべて「節分」ですが、特に立春の前日を重んじます。これは立春をもって新たな年、その前日を年越しとする考えがあるからです。
新たな年を迎えるにあたり、邪気、魔物を払ってしまおうという意味から、この日は厄払い、家内安全などの意味を込めて、豆まきの行事が全国各地で盛大に行われました。

<坐禅・写経会のお知らせ>
2月21日(金)午後3時より

光雲寺住職

 

令和2年1月 新春の候

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
令和になり初めての新年を迎えました。1月も半ばになり寒の入りとなりましたが、例年になく温暖な日が続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか。
さて、禅宗寺院では新年は修正会法要をお勤めいたします。私達は一年過ごす間に目標を立てて歩む道に様々のずれが生じます。
これを年の始めに正しい位置にもどして、再び出発しようと決意を込める儀式が修正会の法要です。當山では1月15日大般若経を転読し、合せて皆様の一年の御安泰と世界の平和を祈念する御祈祷をお勤めいたします。

大般若転読法要
1月15日午後1時より
終了後法話 山主
どなた様もどうぞ御参詣下さい

光雲寺住職 福田光昭

 

令和元年12月 師走の候

いよいよ今年も残り僅かになりました。師走の風吹くさなかにも新しい年の近づきが感じられます。
皆様お変わりなく元気にお過ごしのことと存じます。
平成の時代が終わり、5月から令和の年号となりました。
たった8ヶ月しかならないのに平成の時代が遠く感じるような感覚になってしまいます。皆様は如何ですか。
この一年を振り返れば台風、大雨による河川の氾濫等大きな自然災害が起こりました。
これから寒くなる時期被災者を思うと胸が痛みます。
私事ですが、1月に3人目の孫が誕生。3月に高齢(99歳)の父が亡くなりました。
先に生まれた者がやがて後に生まれる者に生命を移動し自らは消えて行く。無常をあらためて感じたことです。
いよいよ今年も押し詰まりましたが、早めに大掃除を済ませ、年賀状を書き、お節の準備をして、大晦日には年越しそばを食べ、除夜の鐘に行く年の無事を感謝し、新たな年の安穏を祈念したいものです。
この一年間光雲寺のホームページを御覧いただき、多くの方と御縁が出来ました。
明年も宜しくお願い申し上げます。

光雲寺住職

 

令和元年11月 晩秋の候

皆様今日は。今年も早や11月下旬になりました。
歳を重ねると一年過ごすのが早く感じますが、皆様は如何でしょうか。
このところ急に寒気が身にしみるようになり、あわてて暖房器具を引張り出したところです。
山の紅葉が段々と里に下り、やがて落葉が風に舞う、いよいよ冬の季節の到来です。
向寒の時季くれぐれもお身体をご自愛なされて下さい。

本年最後の法要
成道会法要のご案内
12月1日(日)午後1時より法要
法要終了後40〜50分程度法話
説教師 佐世保市吉井町
古川寺 副住職 森大悟師

11月写経・坐禅会 11月25日(月)午後3時より

 

令和元年10月 天高く馬肥ゆる秋

季節が移り爽やかな秋の訪れを迎えました。
諏訪神社秋の大祭「長崎くんち」も盛大に終りましたね。
これから秋が一日一日と深まって行きます。
紅葉をめでながら心豊に過ごしたいものです。

 

令和元年9月 秋の彼岸法会

9月のお彼岸を迎える頃となりましたが、真夏のような厳しい残暑が続いております。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
9月20日から秋彼岸に入ります。
當山においても9月22日(日)午後1時よりお彼岸法会を営みます。

秋季彼岸会
説教師 天福寺(五島市玉之浦町)住職 福島大紀師
どうぞ皆様御参詣下さい

光雲寺住職 福田光昭

 

令和元年8月 新盆や悲しいけれどいきいきと 田口秋思堂俳句

肉親を失って新盆を迎える。悲しみとともに故人への思いが錯綜している時期でありましょう。
しかしお盆になって亡き人をまつる準備をする事で亡き人に何かが出来る嬉しさがあるのです。
その気持ちをよく表現している句ですね。
私も今年春に父を黄泉に送ってこの句に込められた亡人に対する思いがよくわかります。
お盆の行事は、推古帝の606年に始まったと「日本書紀」に記載が有ります。
お盆は亡き人の「霊」を招いてもてなすという日本人の古代の考え方と、仏教の亡き人を悟りで飾る盂蘭盆の儀式とが結合した、日本人にとってもっともなじみ深い仏教行事です。
お盆の時期はふだんの忙しい日常生活を離れ、幽玄な宗教の世界に身を置いて、命のよりどころをかくもてなしましょう。

お盆供養法要のお知らせ
8月13日 本年初盆を迎える各家を廻ります
8月14日 午前10時、12時、2時、4時
8月15日 同
いずれも光雲寺3階本堂に於て御供養します

8月14日 午後6時2階納骨堂安置の諸霊御供養を
2階祠堂殿に於て営みます
※御都合の良い時間に御参詣下さい。

光雲寺住職より

 

令和元年7月 お盆を迎える心

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、皆様にはお健やかにお過ごしのことでしょうか。お尋ねいたします。
さて、梅雨が明ければいよいよ夏の到来を迎えます。
昨年のような猛暑にならないか心配ですね。
長崎では8月9日は原爆犠牲者の慰霊の日。
そして8月13日〜15日はお盆の行事を迎えます。
お盆は、ご先祖の御霊を迎え供養することを通して、自らの生命が欠ける事なく先祖から受け継がれて来たことの有難さ、不思議さ、貴さに気付き、お盆には集まった家族で先祖を語り、慕い、感謝し、真心を込めて御霊を供養する心こそがお盆を迎える心ですね。

大施餓鬼法要の御案内
本年初盆を迎える御霊、壇信徒の方々のご先祖のご供養を致します。
7月20日(土)午後1時法要
法要終了後、御法話
説教師 熊本県天草市観音院副住職
上田英生 師

 

令和元年6月 水無月の候

皆さん今日は。このところむし暑い日が続き、いよいよ入梅の季節になりました。
皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。
今、中島川の眼鏡橋のほとりで紫陽花祭りが催されています。色々な種類の花に名前が
付けられて楽しませてくれます。雨に濡れた紫陽花は一層色鮮やかで美しいですね。
うっとうしい梅雨の季節ですが、心は晴れやかな心持ちで過ごしましょう。

6月写経坐禅会のお知らせ
6月27日(木)午後3時より
どなたも自由に参加が出来ます

 

令和元年5月

「平成」が終わり、5月1日新天皇が即位されていよいよ令和の時代が始まりました。
どういう時代になるのだろうか。それぞれが思い描くことでしょう。
自分自身はこの時代にどう生きてゆくのだろうか、思いは尽きない。
私の子供達、孫達がそれぞれに立派に時代を生きてほしいと願う。
平成の時代は大きな自然災害が発生し、沢山の方々が亡くなりました。また無差別殺人等思いがけない事件が多く発生し尊い人命が失われました。
我国が豊かに幸福に生活出来る時代であることを願う。

 

平成31年4月 陽春の候

春爛漫の好季節になりました。皆様お元気でお過ごしのことと存じます。
いよいよ平成の時代があと数日で終わりとなります。
5月1日新天皇の即位とともに令和の改元です。
私にとって平成の時代は壮年期から高齢者への仲間入りの時代でした。
令和の時代は未知の老境を活き切る時代となります。どう生き切るか、
自分のみぞ知るだけです。

光雲寺坐禅写経会のお知らせ
5月27日(月)光雲寺本院
TEL 823-6362
5月28日(火)光雲寺滑石分院
TEL 855-2430
いずれも午後3時より
参加費 500円
参加自由・初めての方は事前にお電話下さい

 

平成31年3月 3月3日は桃の節句

春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、皆様にはお変わりなくお過ごしでしょうか。
桃の節句を迎え、お祝いされたご家庭も有ることと存じます。近くの桃渓橋ほとりの桃の花が満開です。
故事に「桃の花に心を明らめ、鐘の音に道を悟る」という言葉があります。
無心に咲く花に、澄みきった鐘の音に自分自身の本来の有り方を覚め悟らしめるという故事
春は諸処に命の息吹が感じられる季節
さあ、春風にのってほのかな花の香りをたのしみ、心を明らめたいものです。

※春彼岸法要の御案内
3月20日午後1時より
法要終了後御法話
説教師 熊本県天草市
芳證寺住職 村上和光師

 

Copyright(c) 2012 KOUUNJI All Rights Reserved.