banner

光雲寺の概要

光雲寺境内画像  月桂山 光雲寺は今からおよそ370年前、正保3年(西暦1646年)曹洞宗の僧 松雲宗融がその師、
晧台寺重興開山 一庭融頓と共に時の長崎奉行
馬場三郎佐衛門に請い、奉行の月見屋敷でありし
出来大工町堂門川畔の現在地に其の許可を得て
創建されました。
 江戸時代より幾度かの火災のたびに再建された伽藍でありましたが、昭和46年長崎市の文化都市整備区画事業の為にすべての建物がとりこわされ、今は境内地に
鉄筋コンクリート4階建てのビルのお寺となっています。
現住職福田光昭は34代目です。

 

令和6年 1月、2月のご挨拶

皆様こんにちは。元旦を迎えて早くも1ヶ月が過ぎました。
元旦の夕刻に能登半島地震が発生し、236名の方が亡なられ、今も安否不明の方が19名
おられます。
亡なられた方々に謹しんでご冥福をお祈り申し上げ、また被災された皆様に心より
お見舞い申し上げます。
さて、2月に入り、庭の紅梅のつぼみが膨らんで開花を迎えようとしております。
3月は節分。各地の社寺では節分会が営まれます。
年の節目に当る立春の前日に、一年間の無事を祈る大切な行事です。
「節分」とは季節を分けるという意味があります。
四季それぞれの変わり目はすべて「節分」ですが、特に立春の前日を重んじます。
これは立春をもって新たな年、その前日を年越とする考えがあるからです。
新たな年を迎えるにあたり、邪気・魔物を払ってしまおうという意味から、この日は
厄払い、家内安全などの意味を込めて、豆まきの行事が全国各地で行なわれます。
一日も早い被災地の復旧、復興と皆様の一年のご安泰をお祈り致します。

光雲寺住職

 

令和5年12月(師走)

 年内も残り少なくなりました。師走の風が吹くなかにも新たな年の近づきが
感じられます。
師走の言葉の意味は、年末に伊勢神宮の御師が暦やお札を配る為に各地を駆け巡る
様子から来たとする説と、僧侶が年の瀬にあわただしく檀家を廻る姿に由来する
という説。
ともあれ、歳末のせわしい世の中を彷彿させるという意味ではどちらもなるほどと
思われます。
コロナも5類になり人の往来もコロナ以前に戻るようになりました。
さて、これから年末に向けて、大掃除を済ませてお正月の飾り付けをし、お節料理を
準備し、年越しのそばを食べて、除夜の鐘に行く年の無事を感謝し、新たな来る年の安穏なることを祈念します。
この一年もホームページを通して多くの方々との御縁を結ぶことが出来ました。
感謝申し上げます。

12月写経、坐禅会
12月22日(金)光雲寺 本院
12月23日(土)滑石 分院
いずれも午後3時より

新年の法要案内
1月15日(月)大般若祈祷法要
午後1時より

光雲寺住職

 

令和5年11月 晩秋の候

街路樹の葉が色づいて、いよいよ冬じたくです。本年も残すところ1ヶ月あまりと
なりました。
寒暖の差がはげしいこの時期、お体をご自愛なされてください。

写経・座禅の会
<11月>
日時:2023年11月27日(月) 13時から
場所:光雲寺本院 住所:長崎県長崎市出来大工町4番地

日時:2023年11月28日(火) 13時から
場所:光雲寺分院 住所:長崎県長崎市北栄町35番7号


<12月>
日時:2023年12月22日(金) 13時から
場所:光雲寺本院 住所:長崎県長崎市出来大工町4番地

日時:2023年12月23日(土) 13時から
場所:光雲寺分院 住所:長崎県長崎市北栄町35番7号


成道会法要のご案内
12月1日(金)午後1時より
お釋迦様がお悟りを開かれた事にちなんで報恩の行事を行います。

 

令和5年10月 清秋の候

厳しい残暑が続いた9月も終り、ようやく秋の訪れを感じるようになりました。
お諏訪の杜にシャギリの音が響く、秋の大祭「長崎くんち」が四年ぶりに
開催されますね。
10月3日は「庭見せ」各踊り町が豪華な飾りで楽しませてくれることでしょう。
実りの秋。豊作を感謝する行事がこれから各地で営まれます。
「芸術文化の秋」見て楽しみ、心が豊かになりますように。

<10月写経、坐禅会のお知らせ>

10月27日(金)光雲寺 本院
長崎県長崎市出来大工町4番地

10月28日(土) 滑石 分院
長崎県長崎市北栄町35番7号

いずれも午後3時より開催です

 

令和5年8月 お盆

新盆や悲しいけれどいきいきと
             田口秋思堂 俳句

連日の猛暑の中お盆の行事を迎えます。
上の俳句は肉親を失なって新盆を迎える。悲しみとともに故人への思いが錯綜している
時期でありましょう。
しかしお盆になって亡き人をまつる準備をする事で亡き人に何かが出来る嬉しさが
あるのです。その気持ちをよく表現している句です。
お盆は亡き人の「霊」を招いてもてなすという日本人の古代の考え方と、仏教の亡き人を悟りで飾る盂蘭盆の儀式とが結合した、日本人にとってもっともなじみの深い
仏教行事です。
お盆の時期はふだんの忙しい日常を離れ、家族皆んなで御先祖を偲ぶ大切な機会に
なされて下さい。

<お盆供養法要のお知らせ>
8月14日 午前10時、12時、午後2時、4時
8月15日 同
いずれも光雲寺3階本堂に於てお盆供養の法要

8月14日 午後6時 2階納骨堂奉安の諸霊御供養を2階祠堂殿に於てお勤め致します

※8月坐禅・写経会の日程
8月28日(月) 光雲寺本院
8月29日(火) 滑石分院

いずれも午後3時よりの開催です

 

令和5年7月 お盆を迎える心

皆様こんにちは。連日猛暑が続いておりますが、皆様にはお変わりなく元気で
お過ごしでしょうか。お尋ね申し上げます。
関東では7月13〜15日のお盆が終りましたが、長崎など地方では月おくれの8月13〜15日のお盆行事が勤まります。
お盆は先祖の御霊を迎えて供養することを通して、自からのの生命が欠ける事なく
先祖から受け継がれて来たことの有難さ、不思議さ、貴さに感謝する大切な行事です。
お盆には家族皆んなで先祖に思いをはせて真心込めて供養いたしましょう。

定例坐禅、写経会
7月
本院 7月28日(金)
滑石分院 7月29日(土)

8月
本院 8月28日(月)
滑石分院 8月29日(火)

いずれも午後3時よりの開催です

 

令和5年6月(水無月)の候

入梅の季節、皆様には如何お過ごしのことでしょうか。
今年は例年より早く梅雨入りとなりました。
今この時期はしっとりと雨に濡れた紫陽花が色鮮やかで美しいですね。
毎年各地で自然災害が起りますが、梅雨末期の集中豪雨が心配です。
どうぞ被害が無く梅雨明けを待ちたいですね。
向暑の折柄、くれぐれもお身体をご自愛なされて下さい。

今月写経・座禅会の日程
本院   6月27日(火)
滑石分院 6月28日(水)
いずれも午後3時より

光雲寺住職

 

令和5年4月、5月合同

皆様こんにちは。4月新年度を迎えたと思っているうちに、またたくまに初夏、
5月も中旬になりました。
5月の連休は如何過ごされましたか。私は妻と伴に2日、3日と休暇を取り、
熊本の長女宅を訪れました。
久しぶりに会う孫達との再会は嬉しいものですね。
ちょうど7年前に地震が起こる前、3月桜が満開の時期に訪れた熊本城は荘厳な
美しさでしたが、地震により崩壊した姿に茫然としました。
改修工事が済んだ本丸は見事に再建されましたが、その外の被害箇所は
まだまだ手付かずの状態です。
かつての美しいお城の姿に甦るのを祈りたいと思います。

5月写経、坐禅会のお知らせ
5月26日(金)光雲寺 本院
5月27日(土)滑石 分院
いずれも午後3時より

希望される方はどうぞ問合せ下さい
本院 823-6362
分院 855-2430

 

令和5年3月 弥生

春彼岸が終り3月も残り少なくなりました。
この時期は卒業、進学、就職と不安や希望がいりまじり、あわただしくお過ごしになられておられることと思います。
今桜が開花し、鮮やかに咲く様子が楽しみです。
このところぐずついた天候が続いていて、少しはだ寒く感じられ、花見にはあいにくの天気になりました。
コロナの感染状況も、減少傾向で少し落ちつきましたが、人の往来が活発になれば、また感染が拡大するかもしれません。
今は季節の変わり目、呉々もご自愛専一にお過ごしなされて下さい。

※4月の坐禅と写経の会
4月21日(金)
光雲寺本院に於いて
午後3時より

光雲寺住職

 

Copyright(c) 2012 KOUUNJI All Rights Reserved.